コロナウィルス

こんにちは、訪問マッサージ鶴亀堂治療院です(^^♪

いまテレビを付けると新型コロナウイルス肺炎の話題でいっぱいです。
新型ウィルスなので、分かっていないことも多く余計に過敏になっているのかも知れませんね。

感染予防として、
✔こまめに手洗い・うがい
✔手のアルコール消毒
✔マスクの着用
✔免疫力を高める など
普段のインフルエンザ予防と同じような予防方法で効果があるようです。

※発熱、咳、息苦しさ、呼吸困難などの症状がある方はすぐに医療機関を受診して下さい。
重症化すると肺炎や腎臓の機能低下がおき死に至ることもあります。

そこで今回は、しっかり予防が出来るように正しい手洗い・うがいについてお話したいと思いますヾ ^_^♪

《手洗い方法》
せっけんなどを使い、丁寧に行う

①手のひらを合わせてこすり、5秒間洗う

②手の甲を伸ばすようにしてこすり、5秒間洗う
③爪の間や指先を手のひらに渦を描くようにしてこすり、5秒間洗う

④指の間を5秒間洗う

⑤親指を手のひらでねじるようにし、5秒間洗う
⑥手首もしっかりと5秒間洗う
水でしっかり洗い流し、清潔なタオルで丁寧に水気をとる

濡れている手は細菌が着きやすいので、しっかり水気を取らないと意味がなくなってしまいます。注意しましょう。
最近では、しっかり洗うと色が変わるせっけんもあります。手洗いが楽しく、洗う目安にもなっていいですね(^-^)V

《うがい方法》
水や緑茶、うがい液を使っておこなう

①口なかの食べかすを取るようなイメージで「クチュクチュペッ」と強くうがいをする

②上を向き、喉の奥に届くよう「ガラガラペッ」を15秒間くらいおこなう

③もう一度②のように「ガラガラペッ」をおこなう

しっかり上を向いて行うことがポイントです。

ではどんな時にしっかり行えばよいのでしょう。
《手洗い》
・食事の前
・外出して帰宅した時
・手すり、つり革、エレベーターなどのボタンなど色々な人が触るようなところに触れた時
・風邪が流行している時

《うがい》
・喉がかわいている時
・身体が弱っている時
・風邪が流行している時
・風邪をひいている時

流行している時はとくに手洗いはこまめにおこなうように心がけましょう。
最近ではスーパーや病院、ショッピングモールの入り口に消毒液が置いてあるので、洗えない時使用するといいですね。

喉が乾燥していると菌が着きやすくなると言われています。殺菌作用のある緑茶や紅茶をこまめに飲み、喉を潤すと予防になります。
また普段のうがいは水や緑茶で十分効果があります。風邪を引いて喉が痛む時にはうがい液が効果的なので、上手に使い分けましょう。

免疫力を高めることも大切です。
十分な睡眠、バランスのよい食事、以前にも紹介しましたが、免疫力を高めてくれる冬の旬野菜、ヨーグルトや味噌などの発酵食品を積極的に摂ることで、細菌に強い身体を作ることが出来ます。

早く落ち着くことを祈りつつ、しっかり予防していきましょう。

スタッフ 歌山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です