キャベツ

こんにちは、訪問マッサージ鶴亀堂治療院です(^^♪

スーパーに行くと春キャベツがたくさん売られていますね。
かと思ったらいつも売ってる冬キャベツが売られていたり・・・
一体、春キャベツと冬キャベツの違いってなんでしょうか?

●違いその1
【種をまく時期】
春キャベツ:秋に春キャベツの品種の種をまく
冬キャベツ:夏に冬キャベツの品種の種をまく

●違いその2
【収穫時期】
春キャベツ:3~5月
冬キャベツ:1~3月

●違いその3
【見た目】
春キャベツ:やや小さめで丸く、黄緑色
冬キャベツ:楕円形、淡い黄緑色

●違いその4
【葉の様子】
春キャベツ:葉と葉の間隔が緩くふわっとしてる
冬キャベツ:葉と葉の間隔がギュッと詰まる

●違いその5
【食べた感じ】
春キャベツ:水分が多く柔らかい
冬キャベツ:水分が少なく硬め、やや青臭い

●違いその6
【調理法】
春キャベツ:サラダ、浅漬けなどの生食がよい
冬キャベツ:煮込み料理や炒め物がよい

春キャベツのシーズンでも冬キャベツを売っています。
というのも、春キャベツと冬キャベツの違いとして、種を蒔く季節が関係してきますが、品種の違いもあるからです。
同じ種を蒔いて、春に収穫から春キャベツになって、冬に収穫から冬キャベツになるというわけではありません。

以上のことから、品種の違いや、収穫に適した時期というのが重なって、「春キャベツ」「冬キャベツ」という二種類のキャベツが出来き、味や見た目の特徴が変わってくるのです。

栄養素は品種の違いはありますが、春キャベツも冬キャベツもほぼ同じです。
ビタミンC、ビタミンK,カリウム、カロテン、葉酸、ビタミンU(キャベジンと呼ばれるキャベツから見つかったビタミン)などが豊富です。
ただ含有量に違いがあり、春キャベツの方が冬キャベツに比べてビタミンCとカロテンが2倍~3倍もあると言われています。

《キャベツの効能》

✔ビタミンCが多く、大きめの葉(より緑色の葉)3枚程度で一日分のビタミンC(100mg)が摂取できる
抗酸化作用により美肌効果アップ、免疫力アップ、疲労回復する効果がある

✔ビタミンUは胃や十二指腸の健康を保つ

✔ビタミンKは血液凝固作用があり、止血が早くなり、かすり傷などの治りが早くなる効果が期待できる

✔カルシウムは骨や歯の構成だけではなく、精神的な興奮や緊張を和らげる効果もある

✔葉酸は赤血球を作ったり細胞の分裂をする際に必要であるため、妊婦さんに特に摂取してもらいたい栄養素である

✔食物繊維も多いため便秘を改善させる

ただし食べ過ぎると、お腹が緩くなったり(特にキャベツの千切り)、逆に便秘になってしまったり、お腹がガスで膨らんだり、オナラが臭くなったりするようなので注意しましょう。

以上、春キャベツと冬キャベツの違いですがいかがでしょうか。
何気なく見てるものを調べてみると、色々な発見があって面白いですね。
キャベツはカロリーも低く、調理法もたくさんあるので重宝する食材です。
今多く見かけるふわふわな春キャベツを食べて春を満喫しましょう(^^♪

スタッフ 歌山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です