耳でセルフケア

こんにちは、訪問マッサージ鶴亀堂治療院です(^^♪

皆さんは耳たぶを触ったりしますか?

私は触ると硬い感じがあって、イヤリングを付けると痛みがあり長時間つけるのが苦手です。

耳は自律神経の線維が分布しており、耳たぶを含めた耳の外側部分には交感神経、耳の穴を中心にした中心部には副交感神経の線維が密集しているそうです。
よって耳の外側と中心部を揉んだ時は効果が違います。外側を揉むと交感神経の支配領域である手足に反応が現れ、中心部を揉むと副交感神経の支配領域である内臓に反応が出るのです。

また全身の縮図といわれており、耳には全身の臓器に対応するツボがたくさんあります。

耳鍼やマッサージなどで耳ツボを刺激することで、鎮痛効果が期待されおりまた即効性があるため、現在米軍でもその方法が用いられているようです。

体調が悪い人ほど、耳が硬く冷たくなっており、耳を触ると嫌がります。
耳たぶをマッサージすることにより、耳が柔らかく温かくなると、耳に触れるのが心地よく感じられるようになり、体調も改善してくるのです。

ではどんな効果が得られるのでしょうか?

・目の疲れ
・頭痛
・むくみ
・不眠
・冷え症
・動脈硬化
・認知症(脳の血流が増加するため)
など幅広い症状の改善・解消に役立ちます。

マッサージの仕方はとても簡単です。

①まず耳全体を揉みほぐします。
その時、耳のつけ根もよく揉むことで頭皮がゆるんで頭皮の血流もよくなります。

②耳たぶを下に引っ張ったり、側部を横に引っ張ったり、耳たぶを掴んで回したりして刺激します。

③耳をもんで硬いところや痛いところがあったら、そこをよく揉みほぐしましょう。

気持ちいくらいの力で、耳たぶが柔らかくなるまでやると効果的です。
また寝る前に揉めば、リラックス効果で寝つきもよくなります。

テレビをみながら、電車に乗ってる時、入浴時など、ちょっとした時間に出来るのがいいですね♪
揉むと視界が明るくなり、全身もポカポカしてきますよ( ´ω` )/

耳に触ることで自分の体と向き合うことができます。
毎日耳に触っていると、耳がいつもより硬い・軟らかいなどの変化に気づくようになり、体調の変化の目安にもなるのです。
耳が硬くこわばっていたら、食事や運動、休養などにも目を向けて、生活習慣を見直すといいと思います。

ぜひ、試してみて下さいね(^-^)V

スタッフ 歌山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です